IDとパスワードが必要です    
|投稿規定|優秀論文
 

神奈川整形災害外科研究会雑誌投稿規定
  1. 本誌は原則として神奈川整形災害研究会の発表論文を掲載するが,自由投稿も可とする。
  2. 本学会発表論文の投稿期限は学会発表後2カ月とする。
  3. 論文の採否は,複数の査読者の意見を参考に編集委員会で決定する。また,独創性があり,結論が明確である研究ないし,報告は原著論文として採用し,題目の頭に原著と明記する。
  4. 掲載後の論文の著作権は図表も含め本誌に帰属する。
  5. 原稿の長さは400字詰12枚以内(文献含む),図表4枚以内とし,原文のタイトル,著者名,所属,所属先,住所,所属先の英文名を著者が複数の場合も各々添付すること。ワードプロセッサーを用いる場合には,一枚に20×20行とし,必ず,CD等のメディアを添付すること(コンピューター,およびワープロソフトの種類は問わないが,機種を明記し,ハード・コピーを添えること。尚,原則としてテキストファイルでの保存が望ましい)。図表は1枚で原稿400字分に換算するので,多い場合は全体枚数のバランスを考慮すること。
  6. 原稿は横書とし,新かなづかいを用い,数字はすべて算用数字,外国語名は片かな,または外国綴に,タイプライターかブロックレターを使用すること。また,文中で英文を使用する場合,人名,略語以外は原則として小文字とし,文頭に使用する場合のみ頭文字を大文字とすること。尚,略語を使用する場合は原則として文中に「以下**と略す」と記載すること。
  7. タイトルには原則として略号,略語を使用しない。また,英文タイトルの英訳を記載すること。尚,和文タイトルの「1例」は,英文の最後に「―A Case Report―」とし,複数の場合(例:2例)は,「―Report of Two Cases―」と称して,数字は使用しない。
  8. タイトル筆頭著者名,所属およびキーワード3語は日本語,英語を両方付すること。
  9. 図,表,写真はすべて別紙に記入もしくは添付し,本文中には挿入個所を指定すること。大きさは指定のないかぎり1頁に6枚入る程度に縮写するので,縦横の比を考慮して作成すること。また,各々の数え方は,1,2,3,とし,細かく別れる場合には,1-a,1-b,の様に記載すること。
  10. 語句の統一として,「何カ月」の「カ」は片かな,「レ線」は「X線」とし,「我々」,「及び」,「為」,「行い」 は各々ひらがなとすること。
  11. 引用文献は『日本整形外科雑誌,依頼原稿執筆要項の文献記載方法に従う。
  12. 文献
    3名以内の著者は全員記載し,4名以上では初めの3名を記載し「他」, “et al.” を添える。
    文献の配列は本文での引用順に並べ番号を付ける。同一著者の文献は年代順に記載する。本文中では上付きの番号を付けて引用する。
    雑誌名の省略は,和文雑誌はその雑誌の正式のものを用い,英文雑誌は原則としてIndex Medicusの略称に従う。文献記載の形式は以下の例に準じる。
    1)雑誌
    著者名(姓を先に).表題.誌名発行年;巻数:頁.
    例)Justy M, Bragdon CR, Lee K, et al.Surface damage to cobalt-chrome femoral head prostheses. J Bone Joint Surg Br 1994;76:73-7.
    山本博司.変革の時代に対応すべき整形外科治療.日整会誌2004;78:1-7.
    2)単行本
    著者名(姓を先に).表題.書名.版.編者.発行地:発行者(社);発行年.引用頁.
    例)Ganong WF.Review of medical physiology.6th ed.Tokyo:Lange Medical Publications;1973.p. 18-31.
    Maquet P.Osteotomies of the proximal femur.In:Reynolds D,Freeman M,editors.Osteoarthritis in the young adult hip. Edinburgh:Churchill Living-stone;1989. p. 63-81.
    寺山和雄.頸椎後縦靭帯骨化.新臨床外科全書17巻1.伊丹康人編.東京:金原出版;1978.p.191-222.
    用字・用語・度量衡単位
    常用漢字(学術用語を除く)・新字体,新仮名遣いを用い,学術用語は「整形外科学用語集」,「医学用語辞 典(日本医学会編)」に準拠する。度量衡単位はSI 単位系を用いる。
  13. プライバシー保護 臨床研究はヘルシンキ宣言に、動物実験は各施設の規定に、それぞれ沿ったものとする。
    患者の名前、イニシャル、病院でのID 番号など、患者個人の特定可能な情報を記載してはならない。
    投稿に際しては「症例報告を含む医学論文及び学会研究会発表における患者プライバシー保護に関する指針(外科関連学会協議会:平成16年4月6日)」http://www.jssoc.or.jp/other/info/privacy.htmlを遵守すること。
  14. 著者校正は1回とする。
  15. 別刷は30部まで無料とし,それ以上は実費負担とし,50部単位で作成します。
  16. 掲載料は組頁3頁まで無料,これを越える場合実費負担とする。
  17. 本原稿のほか,コピー2部を添えて簡易書留郵便で事務局へ郵送する。
 
複写される方へ
 本誌に掲載された著作物を複写したい方は、(社)目本複写権センターと包括複写許諾契約を締結されている企業の方でない限り、著作権者から複写権等の行使の委託を受けている次の団体から許諾を受けて下さい。
〒107-0052
 東京都港区赤坂9-6-41 乃木坂ビル (中法) 学術著作権協会
 電話(03)3475-5618  FAX(03)3475-5619
 E-mail :jaacc@mtd.biglobe.ne.jp

著作物の転載・翻訳のような、複写以外の許諾は、直接本会へご連絡下さい。

アメリカ合衆国における複写については、次に連絡して下さい。
Copyright Clearance Center, Inc.
222 Rosewood Drive, Danvers, MA 01923 USA
Phone 1-978-750-8400  FAX 1-978-646-8600